ニュース

人見知りの22歳女性がフリーランスに!?ベンチャー女優 寺田有希氏のキャリアと対峙力に迫る!

2021年8月17日 プレスリリース

ITエンジニアの新しい働き方を提案する株式会社PE-BANK(東京都港区/代表取締役・髙田 幹也)が提供するTOKYO FM「ジュグラーの波〜澤と美音のまるっと経済学〜」のコーナー企画「美音のまるっとエコノミーsupported by PE-BANK」のゲストとして、ベンチャー女優の寺田有希氏が出演しました。本レポートでは、2021/7/15(木)・7/22(木)の放送内容をご報告いたします。

出演者

寺田 有希氏(ベンチャー女優)

放送内容

寺田有希氏のキャリアと「対峙力」について

ベンチャー女優として、タレント業や司会業など、フリーランスとして多方面で活躍をしている寺田有希氏。中学3年生の頃から公の場に立つ仕事をしていた寺田氏は、大学卒業と同時にフリーランスに。現在に至る約10年間の苦労や経験を語った。フリーランスの道を進み始めた当初は、YouTubeやSNSが現在ほど盛んではなかったことからも、個人で仕事を受けるためのルートが少なく、仕事もほとんどなかったとのこと。社会人としてどういう立ち振る舞いをしたら良いのかもわからないまま、請求書作成などの事務作業も自分で行わなければならず、プロデューサー脳とタレント脳を常に動かしていかなければならないことが一番大変だったと話す。
今でこそ、様々な著名人と接する機会も多い寺田氏だが、実は人見知りな性格を証した。はじめましての状況が苦手にも関わらず、はじめましての人とばかり仕事をしなければならない環境から、どうすれば人見知りだとバレずに、コミュニケーションや仕事が円滑に行えるかを追求した結果、自身の著書としても出している「対峙力」が身についたと語った。
若いうちからフリーランスとして活躍をしている寺田氏だが、フリーランスの良さとして「時間が自由に使えるところ」を挙げた。また、全ての責任は自分にあることからも、基本的には「自分が決めたからやるしかない」「失敗も成功も自分の意思」というスタンスで仕事を頑張ることができたと話した。

オンラインコミュニティ『STAGE』の運営

寺田氏は、『STAGE』という、”劇場”をコンセプトとした参加型のオンラインコミュニティの運営も行っている。SNSの普及により、“すごい”人達の“すごい”言葉が簡単に手に入るようになった今、「自分も同じレベルに達しなければ」「自分も同じような生き方をしなければ」とプレッシャーに感じ、結局何から始めれば良いかわからず、何にもチャレンジができていないような人が増えているのではないかと考える寺田氏。『STAGE』を通じて、“自分らしく力を発揮しながら、やりたいことを実現する”ための気づき・交流・実践の場を提供しているそうだ。

彼女自身が自分らしく輝ける場所を模索してきた経験からも、夢についての質問に対して、「夢を“掲げている”ことだけが全てではない」との考えを示した。

番組概要

番組名    TOKYO FM「ジュグラーの波~澤と美音のまるっと経済学~」
放送時間   毎週木曜日 21:30~21:55
番組概要   AKB48グループ総監督の向井地美音が、リスナーとともに、公認会計士の澤昭人から
       身近にある経済の仕組みを分かりやすく学んでいきます。
出演者    公認会計士:澤昭人、向井地美音(AKB48)
公式Twitter https://twitter.com/JuglarTFM別ウィンドウで開きます

※番組はradikoでもお聴きいただけます。放送後一週間以内であればタイムフリー聴取機能(無料)で番組をお楽し​みいただけます。(※お住まいの地域の放送局のみ無料で聴取可能です。)​
※アプリでの視聴には別途パケット通信料がかかります。
※放送局の都合により、放送内容・時間が変更になる場合がございます。予めご了承ください。​

その他のニュースはこちらをご覧ください。
https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/12015別ウィンドウで開きます