ニュース

夢は伊豆で仕事と釣り三昧の生活!リーマンショック時にエンジニアへ転身したバイタリティ溢れるITフリーランスに迫る!

2021年2月25日 プレスリリース

山田孝典氏出演 2021/1/28(木)・2/4(木)放送回
TOKYO FM「ジュグラーの波〜澤と美音のまるっと経済学〜」コーナー企画「美音のまるっとエコノミーsupported by PE-BANK」

ITエンジニアの新しい働き方を提案する株式会社PE-BANK(東京都港区/代表取締役・髙田 幹也)が提供するTOKYO FM「ジュグラーの波〜澤と美音のまるっと経済学〜」のコーナー企画「美音のまるっとエコノミーsupported by PE-BANK」のゲストとして、弊社東京本社所属のプロエンジニアである山田孝典氏が出演しました。本レポートでは、2021/1/28(木)・2/4(木)の放送内容をご報告いたします。

出演エンジニア

山田 孝典(ヤマダ タカノリ)氏 東京都
東京都品川区在中。幼少期からパソコンが好きで、プログラミングに憧れを持つ。大学卒業後、海外でバックパッカーを経験した後に地元の兵庫県西宮市を離れ上京。ITスクールに通いシステム開発会社に就職。その後、転職、アフェリエイトを経てフリーランスとして独立、PE-BANKに所属し、現在はイベントのチケット販売サイトのシステム開発を担当。

放送内容

キャリアについて

琉球大学時代は、サンゴの研究をしたり、休日はダイビングをするなどITエンジニアとは無縁の学生生活を送っていた山田氏は、卒業後すぐには就職をせず、バックパッカーとして海外を渡り歩いていた。帰国後も企業へは就職せず、フリーライターとして生活していたが、リーマンショックに直面。もともと小学生の頃からゲームの攻略サイトを作成するなど、プログラミングに興味があった山田氏は、リーマンショック時の国の緊急施策の一つである「基金訓練」の制度を活用して、プログラミングを勉強し、なんと不況の中、エンジニアとして企業に就職をすることとなった。
その後、スキルを活かしてより多くのお金を稼ぎたいと思うようになり、会社員エンジニアとして就業して5年ほど経った頃、独立してアフィリエイトの道に進む。しかし、思うような報酬を得ることが出来ず、再びエンジニアの道に戻る道を選んだ山田氏は、職場で出会った先輩の紹介でPE-BANKを知り、再び独立してフリーランスの道に転身することとなった。
そんなユニークな経歴を持つ山田氏は現在、ITフリーランスとして、イベント開催やチケット販売のシステム開発の仕事に携わっている。

ITフリーランスになってよかったこと

ITフリーランス歴2年の山田氏。独立してよかったこととして、「収入の増加」を挙げた。会社員エンジニア時代と比べて1.5~2倍くらいの収入になったため、テレワーク期間にハマった釣りに関しても、予算を気にせず道具を揃えることが出来ていると話す。
また、もう一つのメリットとして、「個人事業主としての様々な知識がついたこと」だという。フリーランスは自身で確定申告を行わなければならないため、基本的なお金の知識がついたことはもちろん、イデコや小規模起業共済などを活用することで、節税をしながら将来に向けた資金形成ができることなど、会社員では知ることの出来なかった知識を得ることが出来たことがよかったと話した。

今後の展望

今後の展望として、伊豆に別荘を持ち、週に3~4日はエンジニアの仕事、週に2日~3日は伊豆で釣り三昧、というような生活がしたいと話す。柔軟な働き方が可能なフリーランスであることからも、1年以内に別荘購入という目標を定めて、金銭面で自分にムチを打って頑張りますと意気込みを語った。

番組概要

番組名    TOKYO FM「ジュグラーの波~澤と美音のまるっと経済学~」
放送時間   毎週木曜日 21:30~21:55
番組概要   AKB48グループ総監督の向井地美音が、リスナーとともに、公認会計士の澤昭人から
       身近にある経済の仕組みを分かりやすく学んでいきます。
出演者    公認会計士:澤昭人、向井地美音(AKB48)
公式Twitter https://twitter.com/JuglarTFM別ウィンドウで開きます
プロエンジニア
次回出演者  2021年2月11日(木)・2月18日(木)
       (座古岳治氏 / PE-BANK 関西支社所属)

※番組はradikoでもお聴きいただけます。放送後一週間以内であればタイムフリー聴取機能(無料)で番組をお楽し​みいただけます。(※お住まいの地域の放送局のみ無料で聴取可能です。)​
※アプリでの視聴には別途パケット通信料がかかります。
※放送局の都合により、放送内容・時間が変更になる場合がございます。予めご了承ください。​


その他のニュースはこちらをご覧ください。
https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/12015別ウィンドウで開きます