ニュース

~WORK FOR きっかけ~ 誰かに未来の“きっかけ”を与えたい!
ITスキルをボランティア活動にも活かす父親エンジニアを紹介

2020年11月10日 プレスリリース

ITエンジニアの新しい働き方を提案する株式会社PE-BANK(東京都港区/代表取締役・髙田 幹也)が提供するTOKYO FM「ジュグラーの波〜澤と美音のまるっと経済学〜」のコーナー企画「美音のまるっとエコノミーsupported by PE-BANK」のゲストとして、弊社中部支店所属のプロエンジニアである富田大介氏が出演しました。
本レポートでは、10/22(木)・10/29(木)の放送内容をご報告いたします。

出演エンジニア

富田大介(トミダ ダイスケ)氏 岐阜県在住岐阜県出身。
約18年間会社員エンジニアとして、様々なジャンルのシステム開発に従事。
2017年からはPE-BANKとプロ契約を締結し、フリーランスエンジニアとして活躍。
最近は航空機メーカーの物流システム運用・保守に携わっており、2020年10月からは5つのシステム開発を並行して担当している。
プライベートでは、子どもが通う小学校でボランティア活動も行う。

放送内容

キャリアについて​

幼少期からゲームが好きで、「ゲームを作りたい」と考えるようになったのがシステムエンジニアの道へ進もうと考えたきっかけ。
会社員時代は、介護保険の請求システムの開発や金融債権の管理システムの開発、物流会社の在庫管理システムの開発など、複数の会社で様々な仕事に携わってきたという富田氏。
ITスキルを活用して、困っている人を助けたいと考える根っからのIT好きで、20年以上も前から副業を行っていたという。
副業の内容としては、DTP関連や店舗のサイト構築などが挙げられ、個人事業の会社に対して、ちょっとした見積もりや請求書を発行するシステム開発、IT相談なども行っていたという。
とある事情で務めていた会社で副業ができなくなり、2017年からPE-BANKとプロ契約を結び、フリーランスエンジニアの道を選択。
フリーランスへ転身したことで、人とのつながりが増え、そのつながりをより大事にしなければならないと強く思うようになったという。

仕事に対する想いやボランティア活動について

富田氏は、2019年にPE-BANKが主催したプロエンジニアフォーラムで、「WORK FOR GOOD LIFE」をテーマに実施された“P-1グランプリ”で大賞を受賞した経験を持つ。
フォーラムでは、「WORK FOR きっかけ」というテーマで、幼少期に石焼き芋屋のおじさんから、人と話すことへの恐怖を克服する“きっかけ”を与えてもらったエピソードを話し、大賞を受賞。
富田氏自身も、仕事やボランティアを通じて、どこかの誰かに何かしらの“きっかけ”を与えられるような存在になりたいと語った。
誰かのために苦労を厭わない富田氏は、ボランティア活動の一環で、子どもが通う学校の『父親協力委員会』を運営している。
活動内容として、学校のトイレ掃除や運動会のサポートなどを行っており、災害時の避難所体験ができる『学校に泊まろう』というイベントも開催している。
『学校に泊まろう』では、災害時の避難所となる学校に親子で泊まり、寝泊まりするためのダンボールハウスの作成、防災関連の勉強会、夜食朝食作り、などが体験できる。
その際、ITスキルを活用して、受付アプリや防災勉強のための動画作成なども行っているという。

▼プロエンジニアフォーラム“P-1グランプリ”開催レポート
https://pe-bank.jp/pe-forum/report/別ウィンドウで開きます

番組概要

番組名    TOKYO FM「ジュグラーの波~澤と美音のまるっと経済学~」
放送時間   毎週木曜日 21:30~21:55
番組概要   AKB48グループ総監督の向井地美音が、リスナーとともに、公認会計士の澤昭人から
       身近にある経済の仕組みを分かりやすく学んでいきます。
出演者    公認会計士:澤昭人、向井地美音(AKB48)
公式Twitter https://twitter.com/JuglarTFM別ウィンドウで開きます
プロエンジニア
次回出演者  11月5日(木)・11月12日(木) (沼田千瑛氏 / PE-BANK 東京本社所属プロエンジニア)

※番組はradikoでもお聴きいただけます。放送後一週間以内であればタイムフリー聴取機能(無料)で番組をお楽し​みいただけます。(※お住まいの地域の放送局のみ無料で聴取可能です。)​
※アプリでの視聴には別途パケット通信料がかかります。
※放送局の都合により、放送内容・時間が変更になる場合がございます。予めご了承ください。​


その他のニュースはこちらをご覧ください。
https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/12015別ウィンドウで開きます