ニュース

文系出身! 家族からの反対!
ITフリーランスとして独立の夢を15年かけて叶えた
プロエンジニアのキャリアに迫る
当社所属プロエンジニア ラジオレポート

2020年9月8日 プレスリリース

ITエンジニアの新しい働き方を提案する株式会社PE-BANK(東京都港区/代表取締役・髙田 幹也)が提供するTOKYO FM「ジュグラーの波〜澤と美音のまるっと経済学〜」のコーナー企画「美音のまるっとエコノミーsupported by PE-BANK」のゲストとして、弊社所属のプロエンジニアである権安章司氏が出演しました。本レポートでは、8/13(木)・8/20(木)の放送内容をご報告いたします。

出演エンジニア

権安章司(ゴンヤス ショウジ)氏 愛知県在住
大学卒業後、小規模のソフトハウス(ソフトウェア開発会社)に就職し、ITエンジニアとしてのキャリアをスタート。同社の社長の影響を受け、サラリーマン歴17年目でフリーランスへ転身。その後PE-BANKとプロ契約を結ぶ。現在は愛知県の某自動車メーカーにて、サーバーセキュリティに関する開発及び導入支援を行っている。

放送内容

これまでのキャリアについて

ITエンジニア歴21年の権安氏だが、実は大学時代は経済学部に所属していたという”文系人間”であった。
もともとゲームプログラマーに憧れを抱いていたが、大学時代はパソコンに一切触れてこなかったことからスキルに不安があり断念。しかし、ITへの道をあきらめられず、新しいことに挑戦したい気持ちもあり、ソフトハウスへ就職。エンジニアとしてのキャリアをスタートさせた。
Sier(システムインテグレーション(SI)を行う業者のこと)を経て独立し、会社を立ち上げた当時の社長に憧れ、自身にも一生サラリーマンで終わりたくないという気持ちが芽生えたという。奥様が反対したが、15年の年月をかけて説得し、現在はITフリーランスとして独立。某自動車メーカーで、サーバーセキュリティに関する開発及び導入支援の仕事に携わっている。
自分の意思で、大好きなプログラミングの仕事ができているという点において、フリーランスの道を選んでよかった、とのこと。

趣味や家庭について

昔から生粋のゲーム好きである権安氏。現在もお子様と一緒に、アメリカ発祥のMTG(Magic The Gathering)というカードゲームにハマっており、毎年大会にも出場するほど。
奥様も、好きなことに時間やお金を費やすことに対して寛容だが、フリーランスとして独立しようとした際は猛反対をした。15年かかって奥様を説得し、夢であったITフリーランスという働き方を叶えることができた。
フリーランスになってよかったことは、様々なタイミングにおいて、意思決定が自分でできること。例えば会社員だと、何かを購入する際や、新たなことにチャレンジする際に上司や会社の確認が必要だが、フリーランスだと自分で責任さえ取れれば何を決断するにも自由。今後も自分の決断に責任を持って、キャリアを築きたいと話した。

番組概要

番組名    TOKYO FM「ジュグラーの波~澤と美音のまるっと経済学~」
放送時間   毎週木曜日 21:30~21:55
番組概要   AKB48グループ総監督の向井地美音が、リスナーとともに、公認会計士の澤昭人から
       身近にある経済の仕組みを分かりやすく学んでいきます。
出演者    公認会計士:澤昭人、向井地美音(AKB48)
公式Twitter https://twitter.com/JuglarTFM別ウィンドウで開きます


その他のニュースはこちらをご覧ください。
https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/12015別ウィンドウで開きます