ニュース

ITエンジニアの仕事の醍醐味とは!? フリーランスならではの高収入と休暇で、釣りやプラモデルに没頭!
当社所属プロエンジニア ラジオレポート

2020年4月23日 プレスリリース

ITエンジニアの新しい働き方を提案する株式会社PE-BANK(東京都港区/代表取締役・髙田 幹也)が提供するTOKYO FM「ジュグラーの波〜澤と美音のまるっと経済学〜」の新コーナー「美音のまるっとエコノミーsupported by PE-BANK」が、4月9日(木)より開始し、初回ゲストとして弊社所属のプロエンジニアである柘植英一氏が出演しました。本レポートでは、4/9(木)と4/16(木)の放送内容をご報告いたします。

出演エンジニア

柘植英一(ツゲ ヒデカズ)氏 神奈川県在住/45歳/男性
会社員エンジニアからフリーランスとなり、その後起業。現在はPE-BANKとの法人契約、ならびに社外取締役にも就任し、所属プロエンジニア(ITフリーランス)の代表としてPE-BANKサービス向上に尽力。
釣りが好きすぎて海に近い三崎に引越し。毎年山口県まで釣り旅行をしている。また、「ガンダム」「マクロス」などロボットアニメが好きで、プラモデル制作にハマっている。未完成のプラモデルが約1000個以上あり、専用の倉庫を借りている。

放送内容

ITエンジニアとしての、仕事の醍醐味

もともと会社員エンジニアとして働いていたが、当時の社長と馬が合わず、会社を辞めてイタリア料理屋で働いたり、バーで働いたりしていた柘植氏。現在は、製造業のシステムのコンサルティングに従事し、顧客がシステムを変える際や、新たに導入する際に、どのような手法でシステムを導入すべきかなどアドバイスし、導入後はその開発支援、進捗・品質管理などを行っている。
プログラミングを学んだことがない人でもITエンジニアになれるのかという質問に対し、「SEの仕事には順序があるため、一つ一つステップアップしていけば大丈夫」とコメント。「お客さんが使えないものを作ってもしょうがないので、相手にとって何が最適なのかを考えながら仕事をすることが難しくもあり、楽しいところでもある。」とITエンジニアの仕事の醍醐味を語った。

プライベートについて

プロレス・プラモデル・釣りなど、多趣味な柘植氏。子供の頃は少ないお小遣いで満足に買えなかったこともあり、現在では奥さんに怒られるほどのプラモデルを購入。自宅に置ききれなくなったことから、プラモデル専用の倉庫を借り、未完成のものだけで約1000個以上あるとのこと。
ITフリーランスということもあり、保険・年金・経費など自己負担もあるものの、 ITフリーランスならではの高収入と、柔軟に調整できる自由時間を使って趣味を存分に楽しんでいると語った。
そんな柘植氏の将来の夢は、海が見える場所で飲食店を開き、自分が釣った魚でお客さんをもてなすこと。すでに海が近い場所には引っ越しており、夢に向け準備を進めている。

番組概要

番組名    TOKYO FM「ジュグラーの波~澤と美音のまるっと経済学~」
放送時間   毎週木曜日 21:30~21:55
番組概要   AKB48グループ総監督の向井地美音が、リスナーとともに、公認会計士の澤昭人から
       身近にある経済の仕組みを分かりやすく学んでいきます。
出演者    公認会計士:澤昭人、向井地美音(AKB48)
公式Twitter https://twitter.com/JuglarTFM別ウィンドウで開きます


その他のニュースはこちらをご覧ください。
https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/12015別ウィンドウで開きます