ニュース

ITフリーランス約800名が集う平成最後の感謝祭「プロエンジニアフェスティバル2018」 開催事後レポート

2018年12月19日 プレスリリース

株式会社PE-BANKは、2018年12月15日(土)に、東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾートにて、プロエンジニアフェスティバル2018を開催いたしました。当日は、フリーランスとして働く所属プロエンジニアとそのご家族の皆様約800名が参加しました。

会場の様子
代表取締役社長・櫻井多佳子挨拶

プロエンジニアフェスティバルは、福利厚生の一環として、所属プロエンジニアとそのご家族を招待し、PE-BANKが主催となり毎年開催しているイベントです。一年の労をねぎらうとともに、フリーランスという横のつながりを持ちにくいプロエンジニアの方々が交流し、家族から仕事に対する理解を深めてもらう重要な場となっています。

レーザー光線を使った圧巻のショーからスタートした平成最後のプロエンジニアフェスティバルではまず、今年立ち上がったPE-BANK30周年プロジェクト「エンジョニア」についての説明がありました。30周年を迎えたPE-BANKでは、時代に適合したサービスをさらに充実させていくと動画を使いながらあらためて宣言。その後、新イメージキャラクターである、要潤さんからのコメントムービーがサプライズで上映されました。所属プロエンジニアとそのご家族の皆様へ要さんから暖かいメッセージが送られ、会場は大いに盛り上がりました。

メインとなる懇親会は、プロエンジニア同士や各拠点の営業担当とコミュニケーションを深める良い機会になっており、久しぶりの再会に会場は盛り上がっていました。また、ご家族にもお楽しみいただけるよう、ゲストによるパフォーマンスなど多彩なアトラクションを用意しました。

現在PE-BANKでは、1,945名のフリーランスエンジニアがPE-BANKとプロ契約を結び、実際に就業しています。今後も所属するプロエンジニアの方々が自分らしく働けるよう、イベント開催など充実した福利厚生を提供してまいります。

代表取締役社長・櫻井多佳子挨拶

冒頭、「今年30周年を迎えましたが、日頃からPE-BANKを大切にしてくださるプロエンジニアの皆様のおかげで、毎年このような会ができていると実感しています。」と感謝の言葉を述べました。そして、「来年も再来年もこのような場を大切にし、皆様と歩んでいけることを楽しみにしている」と本イベントへの思いを語りました。

プロエンジニアフェスティバルについて

毎年12月に開催する本イベントは、PE-BANKに所属しプロエンジニアとして活躍する方々およびその家族をご招待し、フリーランスエンジニア同士の交流を深めるとともに、家族からの理解を深めていただくことを目的としております。また、フェスティバル参加時には東京までの交通費の補助と、東京ディズニーリゾートのパスポートを無料で提供するなど、所属プロエンジニアの慰労と家族サービスも兼ねたPE-BANK主催の最大のイベントの一つです。

プロエンジニアフェスティバル2018概要

開催日時
2018年12月15日(土)12:00~14:25
場所
東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート
内容
PE-BANK代表挨拶、エンジョニアプロジェクト説明、懇親会 ほか

30周年「エンジョニア」プロジェクトについて

フリーランスという働き方の認知拡大と、より良い働き方を提案するため、創業30周年を記念して発足した新プロジェクトです。「エンジョニア」は「エンジョイ」と「エンジニア」の2つの単語から生まれた造語です。次なる30年も時代に適した「働き方改革」を進めるため、これまでのサポート体制に加え、時代のニーズに適した新サービスを展開してまいります。

WEBページURL
https://pe-bank.jp/enjoneer別ウィンドウで開きます

その他のニュースはこちらをご覧ください。
https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/12015別ウィンドウで開きます