ニュース

フリーランスならではの働き方で、息子の野球生活を全面サポート!
仕事・子育てに情熱的な主婦エンジニアが掲げる大きな夢とは?!
当社所属プロエンジニア ラジオレポート

2020年7月15日 プレスリリース

ITエンジニアの新しい働き方を提案する株式会社PE-BANK(東京都港区/代表取締役・髙田 幹也)が提供するTOKYO FM「ジュグラーの波〜澤と美音のまるっと経済学〜」のコーナー企画「美音のまるっとエコノミーsupported by PE-BANK」のゲストとして、弊社所属のプロエンジニアである安本直子氏が出演しました。本レポートでは、7/2(木)・7/9(木)の放送内容をご報告いたします。

出演エンジニア

安本直子(ヤスモト ナオコ)氏 宇治市在住
大学では土木工学を専攻し大学院まで進んだが、パソコンで構造用教材の作成を行ったことがきっかけでITの分野に興味を持ち、IT企業に入社。入社当初からプログラミングに携わり、座学ではなく実務をこなすことで、ITの基礎的な知識を身につけた。入社3年を経過して、フリーランスにチャレンジ。現在エンジニア歴24年、プロエンジニア歴12年で、子育てと両立する充実した日々を過ごしている。

放送内容

プロエンジニアとしての仕事

これまで業務管理系のシステム開発に長く携わってきた安本氏。新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、あらゆる場面でIT化が加速すると言われていることや、仕事を時代に合わせたより面白いものにしたいという思いから、現在は小売店や飲食店内にあるタッチパネルや、電子決済といった一般消費者により身近なシステムの開発に挑戦している。
エンジニア歴24年になる安本氏だが、ITエンジニアという仕事に対し、「移り変わりが激しい業界であるため、新しい分野に適応し続けることのは難しい。」と語る一方、「出産後の復帰に関しても、スキルや経験があれば変わらず仕事が続けられること、男女関係なく能力にあった報酬をいただけることなどが魅力です。」と語る。

育児と仕事の両立

高校1年生と中学2年生の息子2人の母親でもある安本氏。中学2年生の息子が、平日に他県での練習があるような野球チームに所属しており、忙しい日々を過ごしている。そのため、週に一度、14時に退社して息子を送り迎えをする生活をしている。育児に協力的な夫の支えもあるが、フリーランスという働き方だからこそ十分に息子のやりたいことをバックアップできているとのこと。

今後の展望

現在は時間的な余裕がないが、いつかリモートワークを活用し、自分のこだわりが満載な日常生活に役立つアプリを開発し、自分の仕事に全力を尽くすことが夢だと語る。

安本氏はPE-BANKのCM動画「リアルプロエンジニア篇② 」にも出演しています。
▼PE-BANK CM動画「リアルプロエンジニア篇②」
URL:https://youtu.be/0Lx7c-W-aG4別ウィンドウで開きます

番組概要

番組名    TOKYO FM「ジュグラーの波~澤と美音のまるっと経済学~」
放送時間   毎週木曜日 21:30~21:55
番組概要   AKB48グループ総監督の向井地美音が、リスナーとともに、公認会計士の澤昭人から
       身近にある経済の仕組みを分かりやすく学んでいきます。
出演者    公認会計士:澤昭人、向井地美音(AKB48)
公式Twitter https://twitter.com/JuglarTFM別ウィンドウで開きます


その他のニュースはこちらをご覧ください。
https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/12015別ウィンドウで開きます